おみるのつぶろぐ

0歳児の育児と自分の好きなこと・ものとの両立を夢見る主婦のブログ。

私は欲張りだ【特別お題 #仕事と子育て】

いま、私は生後2ヶ月の娘の育児に奮闘している。

 

去年の今頃、私は仕事をしていた。

すごく忙しかったけど、やりがいもあって充実していた。

だけど私は、やりがいよりも仕事の充実よりも、何より子どもが欲しかった。

 

繁忙期が落ち着いた頃、妊娠が分かった。

嬉しくてたまらなかった。

お腹の赤ちゃんのためなら、何だって出来ると思った。

 

妊娠と同時に、卵巣に腫れがあることが分かった。

絶対安静が必要で、休職せざるを得なくなった。

 

安静生活が一ヶ月を過ぎる頃、ずっと一人で社会から切り離された気がした。

お腹に宝物がいるのに、なぜか孤独だった。

そのときの私は、仕事に行きたかった。

 

卵巣の腫れがおさまり、妊娠経過も順調だった。

私は職場復帰することを決めた。

 

毎日、混雑する電車で通勤した。

赤ちゃんのことが心配で、そんな混雑する電車には乗りたくなかった。

 

仕事はとても楽しかった。

通勤は辛かったのに、産休に入ることが寂しいと感じた。

 

産休に入る頃には、お腹が大きくなっていた。

真ん中に線ができて、お臍が出て、変な見た目だったけど、自分のお腹が可愛いと思った。

 

あっという間に臨月になった。

早く赤ちゃんに会いたかった。

「待ってるよ、早く出ておいで」とお腹に話しかけた。

 

予定日を2日過ぎて、娘は全身を真っ赤にして産まれてきてくれた。

本当に嬉しくて、「ありがとう。これからよろしくね。」と言って抱きしめた。

 

産後2日目、病院でシャワー浴が認められた。

お風呂で鏡を見たら、涙が出てきた。

世界一愛しいまんまるのお腹がぺちゃんこになっていたから。

 

十月十日、ずっと一心同体だった我が子が、離れてしまったような気がした。

今では抱きしめることができるのに。

 

退院するまで、コロナの影響でパパは娘に会えなかった。

早く可愛い娘をパパに抱いて欲しかったし、パパもそれを心待ちにしていた。

 

娘は何かを訴えたくて、いつも大きな声で泣いていた。

私の抱っこでは泣き止まないのに、パパの抱っこでは泣き止んだ。

娘をパパに取られたような気持ちになって、悲しい気持ちになった。

娘は娘で、私のものではないのに。

 

 

あぁ、いつから私はこんなに欲張りになってしまったんだろう。

思い返してみれば、いつだって私は無い物ねだりをしている。

 

今だってそう。

 

早く寝て欲しいと思っていたのに、あなたの寝顔を見ると頬をつつきたくなる。

 

一人の時間が欲しいのに、離れるとすぐにあなたに会いたくなる。

 

これからだってきっとそう。

 

早く一緒にお話ししたい。

早く一緒にショッピングがしたい。

 

でもきっと、その日が当たり前になる頃、私は復職しているだろう。

何も話せないあなたにおっぱいをあげている、そんな今日の日を恋しく思うんだろう。

 

私は、無い物ねだりの自分が嫌いだ。

私はこんなに欲深くて都合のいい人間なんだ。

 

それなのに、あなたはいつだって真っ直ぐに私のことを見て、微笑んでくれる。

 

あなたがいれば、他に何もいらないよ。

あなたの笑顔を見る度にいつもそう思う。

私は欲張りだけど、これも本心だ。

 

働くパパママ川柳×はてなブログ 特別お題キャンペーン #仕事と子育て

働くパパママ川柳×はてなブログ 特別お題キャンペーン #仕事と子育て
by オリックスグループ

Copyright ©おみるのつぶろぐ All rights reserved.

プライバシーポリシー