おみるのつぶろぐ

娘のこと。好きなこと。育休中の日々のつぶやき。

最近言ってしまって反省した言葉

お久しぶりです。もう一月が終わりますね。

年が明けてから、旦那さんの仕事が繁忙期を迎えました。ここから年度末まで、超多忙で残業続きらしいです。

それに加えて、土日も資格試験に向けての勉強を朝からしているので、実質休日も関係なく毎日ワンオペ育児。

 

旦那さんも遊んでいるわけではないし、家族のために頑張ってくれているので、私も全力で応援したい!!!というのは心から思っています。

…でもね。やっぱりこの生活きついです。

 

そんな最近ですが、言ってしまってとても後悔して反省した言葉があります。

 

先日夜中に起きた娘の寝かしつけをしていたときに旦那さんが「代ろうか?」と言ってくれました。

本音はめちゃくちゃ代わってほしいよ、そりゃ。

でも、次の日も仕事だし…と思って「明日も早いでしょ?だから大丈夫。その代わり週末の夜は休ませてね」と言いました。

 

そのとき、旦那さんに「その代わりって言わないでよ」と言われました。

「交換条件でするものじゃないでしょ」と。

 

ハッとして、すごーーーーく反省しました。

特に深い意味は無かったけれど、娘のお世話を"面倒なこと"のように表現してしまった気がして。

交換条件でするものじゃないって、私が一番分かってるからこそ、グサッときてしまいました。

 

それまで、育児負担の大きさにずっと不公平さを感じていたんだと思います。娘が可愛すぎて、心配で、必死で、24時間終わらない緊張を一人で背負っている感じ。二人で背負いたいと思っていました。

 

でも冷静に考えれば、違う土俵で娘と私のために頑張っているんだよなぁ。違う形で、旦那さんも背負ってくれてるんだよなぁ。

 

ついつい忘れて色々求めてしまうけど、今回は良い反省の機会となりました。

 

言霊ってきっとあるし、今年は前向きな言葉をたくさん使っていきたいです。

娘にはポジティブに生きてほしいから、まずは母がネガティブ卒業しなければ…ね。

Copyright ©おみるのつぶろぐ All rights reserved.

プライバシーポリシー