おみるのつぶろぐ

0歳児の育児と自分の好きなこと・ものとの両立を夢見る主婦のブログ。

【時間の捻出】やりたいことをするために今日からやめる3つのこと

お久しぶりです。

先日30歳になりました。

去年の誕生日、「20代ラスト!全力で楽しむぞ!」と意気込んでいたものの、気付けばあっという間に1年が経って30歳になっていました。

ほんと、日々が過ぎていくのがあっという間です。怖いです。

 

 

 やりたいことと同時にやめたいことを考えてみた

近いうちにやりたいこと、死ぬまでにやりたいことを考えるのが好きです。実現できる、できないは置いておいて、楽しいことを考えるとワクワクしてくるからです。

でも実際は、ダラダラ〜っと毎日を過ごしてしまっているんですよね。4月に出産してから、本当の意味でダラダラは出来ていないのですが、娘が寝てるときとか、意味もなく時間が過ぎていくことが多くて。それってなんだかもったいない!家事育児と並行して、もっと時間を有意義に使いたい!と思ったわけです。

そのために、今の自分の時間の使い方を見直してみて、今すぐやめたいことをリスト化してみました。やりたいことをやる第一歩として、無駄な時間を削っていこうというわけです。

 

1.不要な情報は見ない

私の悪い癖で、ついスマホを触っては不要な情報をなんとなく見てしまうことが多いです。例えばインスタグラム。我が家は3年前に家を買ったので引越す予定なんて無いのに、なぜか私は「注文住宅系の投稿」を見てしまいます。素敵なお家が多いんですよね。でもこれ、私にとっては無駄な時間です。さらには、いいな〜こんな素敵なお家に住めて…うちの間取りのここは残念だな…と、無意味に羨んだり落ち込んでみたり。良いこと無い!!自分にとって不要な情報をわざわざ取りにいって、マイナスな気持ちになるなんて無駄過ぎます。意識して、やめることにします。

 

2.やりたいことを同時にやらない

娘の寝かしつけが終わったあと、「自分の時間キターーー!」と言わんばかりにソファに座って、携帯をいじりながら録画しておいたドラマを観ることが多いです。でも以前よりドラマの内容が頭に入ってこなかったり、大事なシーンを観そびれて巻き戻したり、ちゃんと集中して観ることが出来ていないと気付きました。ドラマ鑑賞は大好きな時間なので、「ながら観」をやめて集中して楽しもうと思います。私の場合はですが、ながら行動って効率的と思いきや、結局倍近くの時間をかけてしまっていたりすることが分かったので、やめることにします。

 

3.察してほしいと期待しない

これも私の悪い癖。夫に対して「どうして察してくれないの?」とイライラしてしまうのです。こちらから言わなくても、やって欲しいことを察してほしい。でも気付いてもらえなくてイライラしてしまって、それがきっかけで喧嘩に発展してしまう。そんなことになるなら、最初っから「こうして欲しい」と伝えてしまえばいいんですよね。まだかすかに乙女心が残っているのか、どうしても自発的な、サプライズ的な振る舞いを期待してしまうのですが、私自身がイライラしたり悲しくなったり、相手も嫌な気持ちにさせてしまっては±マイナス。もう察してほしいと期待することはやめようと思います。夫はとても鈍感ですが、私と娘に優しくてとっても良い人です。それだけで充分幸せ。鈍感だけど。

 

 30代は前向きな時間で埋め尽くす

これらの3つのことをやめたらその分、自分が好きなこと、興味のあることについて考える時間に充てられます。それだけで、今よりも充実した時間の使い方が出来ると言えるはず!

私の周囲の30代の人は、みんな楽しそうでキラキラしていて、なんだか勇気をもらえるんですよね。だから、私も楽しい時間を過ごして、笑いジワを刻みまくる30代にしたいと思います!!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

Copyright ©おみるのつぶろぐ All rights reserved.

プライバシーポリシー